HaFa照明工場中国

クリスタル シャンデリアのお手入れ方法

クリスタル照明

クリスタル シャンデリアのお手入れ方法

クリスタル シャンデリアのユニークな外観を維持するにはどうすればよいですか? クリスタルランプの美しさを長くお楽しみいただくためには、お手入れも必要です。 シャンデリアの完璧な外観を維持するには、定期的に清掃し、すべての部品を完璧な状態に保つ必要があります。 理想的には、シャンデリアを XNUMX か月ごとに、場合によってはそれ以上の頻度でクリーニングします。 照明器具の位置を考慮してください。キッチンでは、シャンデリアがグリースにさらされ、ロビーのほこりやほこりが増えます。 したがって、汚染レベルの裁量で清掃します。

通常の家庭のクリーニングでは、シャンデリアを柔らかい羽毛のはたきで磨きます。 シャンデリアに汚染の痕跡がすでに見られ、細かなほこりを払っても取り除けない場合は、より徹底的なクリーニングが必要です。 汚染の程度に応じて、適切な技術を選択します。

一般的なアドバイス

作業する前に、シャンデリアの電源を切り、電球を完全に冷ましてください。 標準的なクリーニングでは、シャンデリアへの電源を切断する必要はありませんが、安全性を高めるためにこれも可能です。 照明器具の下に脚立や椅子などを置いて、シャンデリアに安全に手が届くようにします。 台座が滑らないようにカーペットの上に置くことができます。 手を加えないシャンデリアでお掃除をしながら、シャンデリアを遠ざける鋭い動きに気を配ります。 照明器具を掃除する際には、電球に損傷やくすんだ色がないかどうかもチェックします。 湿らせた柔らかい布で簡単に掃除したり、新しいものと交換したりできます。 すべての電球を完全にねじ込みます。

 

分解せずにクリーニング

シャンデリアを吊るしたままお掃除ができます。 この場合、個々のクリスタルを取り外したり、照明器具の他の部分を解放したりしません。 クリスタル シャンデリア用の特別な洗浄剤を使用します。クリスタル パーツにスプレーすると、ピースの操作が容易になり、綿の手袋を使用できるようになります。 柔らかい布で水晶のパーツ一つ一つを乾拭きし、磨き上げていきます。 または、布用クリーナーをスプレーしてから、徐々に掃除してください。 金属部分は乾いた布で拭くか、専用の製品を使用してください。 金属部品の不要な着色を避けるために、標準のクリーナーは使用しません。 このシャンデリア クリーニングのバリエーションは、軽いレベルの汚染と定期的な照明器具の手入れに適しています。

 

徹底的なクリーニング

シャンデリアの汚れがひどくなった場合 (クリスタル クリア、光沢の損失、拭き取れない目に見える汚れ)、より徹底的なクリーニングが必要です。 シャンデリアは、クリーニング自体の前にクリーニングされます。 そこからすべてのクリスタルの花瓶を取り除きます。 シャンデリアを元の状態に戻すには、部品がどこにあるかを正確に覚えておく必要があります。 よりシンプルな照明器具の場合は、詳細なレイアウトで十分です。より豊富なクロージャーを備えたシャンデリアをクリーニングする場合は、最初にカメラと照明器具を使用して、すべての側面と角度を詳しく調べます。

電源から切り離した後、慎重にシャンデリアを取り外し、個々のクリスタル パーツを取り外し、滑らかなパッドの上に置きます。 石鹸を少し加えたぬるま湯で、美味しいお風呂を用意しています。 結晶を注意深く洗い、きれいなタオルに広げます。 その後すぐに、石鹸の染みを避けるために磨いてください。 個々のピースを取り除くために強力な洗剤を使用することはありません。 金属部品を乾拭きするか、適切な洗浄剤を使用してください。 すべての部品が完全に乾燥していることを確認するために、シャンデリアを展開した状態で数時間放置します。 シャンデリアが摩耗して元の状態に戻るのはその時だけです。 照明器具を照らすときは、ぶら下がっているピースがぶら下がるのを防ぐために、上から下に中央に移動します。 組み立てが完了すると、シャンデリアのスイッチがオンになり、光り輝く輝きを再び楽しむことができます。

 

ヒント

効果的なオプションは、独自のスプレー クリーナーを使用することです。これにより、クリスタル パーツを洗浄したり、その後研磨したりすることなく、シャンデリアを完全にクリーニングできます。 シャンデリアにスプレーを吹きかけ、数分間放置します。 次に、シャンデリアにスプレーで蒸留水を噴霧します。 シャンデリアの下に、不純物を含む余分な液体が流れるパッドを置きます。

徹底的なクリーニングを行ってもシャンデリアがまだ汚染されている場合は、専門家のサービスを利用することをお勧めします。 クリスタル ランプの製造業者は多くの経験を持っており、複雑なクリーニング以外にも、破損した部品を新しいものから修理または交換することもできます。

エラー: コンテンツは保護されています!